テドロス氏「集団免疫は非倫理的」発言の是非 元厚労省医系技官、木村盛世氏に聞く

 世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は、新型コロナウイルスの感染を放置することで「集団免疫」を獲得する方策について「科学的にも、倫理的にも問題がある」と発言、安易に用いる方策ではないとして感染防止徹底を求めた。この発言をどうみるか。感染症疫学が専門の元厚労省医系技官の木村盛世氏に聞いた。

 テドロス氏は12日の記者会見で、「これまでの公衆衛生の歴史の中で、集団免疫が感染症の流行に対応するための戦略として用いられたことは一度もない」と述べた。また、「集団免疫という概念は、ワクチン接種に依拠したものだ」と述べ、感染拡大の放置で得られるものではないとも強調した。

 これに対して、木村氏は「集団免疫作戦は、積極的にウイルスに感染するというイメージを持たれがちだが、社会や経済を動かせば必然的に獲得するというのが正しい理解だ。集団内の一定の人に感染すると全員が守られるというのが集団免疫の概念であり、ワクチンに特化した話ではない」と反論する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ