韓国「深い遺憾を表明」 菅首相の靖国「真榊」奉納

 【ソウル=名村隆寛】菅義偉首相が17日、靖国神社の秋季例大祭に合わせ総理大臣名で「真榊」と呼ばれる供物を奉納したことに対し、韓国政府は「深い遺憾を表明する」との外務省報道官の論評を発表した。

 論評は「新内閣の発足を契機に日本の責任ある指導者らが歴史を直視し、過去に対する謙虚な省察と心からの反省を行動で示し、韓日関係の未来志向的な発展にふさわしいことをするよう強く促す」と主張した。

 また聯合ニュースは、菅首相の供物奉納について速報で伝え、「就任後初めて」であると強調。菅首相が安倍晋三前政権での官房長官在任中に靖国神社への参拝や供物奉納はしなかったことも報じた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ