英・EUのFTA交渉 難航し続ける理由は 漁業権問題で軋轢

 欧州連合(EU)を離脱した英国とEUとの自由貿易協定(FTA)など新たな将来関係の構築に向けた交渉が難航している。なぜ、合意する兆しが見えないのか-。(ロンドン 板東和正)

 FTA交渉の協議で英EU間の溝が広がっている主要課題の一つが、「英周辺海域の漁業権」の問題だ。

 EUの共通漁業政策下では、加盟国は割り当てられた漁獲上限を守れば、他国の排他的経済水域(EEZ)でも漁ができる。ジョンソン英政権は離脱後は漁業海域を自国で管理したい考えだったが、EU側は英海域でこれまで通り操業する権利を求めている。

 英メディアによると、英国は約3年間は従来通りの加盟国の権利を認め、その間に新たな漁業権割り当てのルールを協議する妥協案を示したが、それでもEU側は首を縦に振らなかった。

 EU側が英海域での操業にこだわるのは、フランスやオランダなどの漁業関係者の事業継続に欠かせないためだ。英国の近海にはサバ、タラなどがとれる豊かな漁場があり、EU加盟国の北大西洋全体での漁獲量の35%を英海域が占めているとされる。フランスのマクロン大統領は15日のEU首脳会議の開幕前、「いかなる場合であっても、(EU加盟国の)漁師が離脱の犠牲にされてはならない」と訴えた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ