トランプ氏とバイデン氏がそれぞれ対話集会 2回目の討論会中止で

 【ワシントン=黒瀬悦成】11月の米大統領選で再選を目指す共和党のトランプ大統領は15日夜、南部フロリダ州でNBCテレビが主催する有権者との対話集会に参加した。民主党候補のバイデン前副大統領も同日夜の同じ時間帯に東部ペンシルベニア州でABCテレビの対話集会に登場し、自身への支持を呼びかけた。

 この日は両候補による2回目の候補者討論会が行われる予定だったが、トランプ氏の新型コロナウイルス感染の影響で中止となり、両候補が別々に集会を開く異例の事態となった。

 両候補は、新型コロナ対策や経済政策などに関し、それぞれ有権者らの質問に答えた。

 トランプ氏は、時にマスクを着けずに行事や集会に参加し、新型コロナを軽視していると批判されていることに関し「大統領として(行事に)出ていく必要がある。地下室にこもっていられない」と述べ、最近まで遊説を手控えてきたバイデン氏を当てこすった。

 バイデン氏は「トランプ氏は『国民をパニックに陥れたくない』として(ウイルス情報を)隠したが、パニックを起こしたのは彼の方だ」と非難した。

 トランプ氏が集会を開いたフロリダ州は、選挙戦で劣勢にある同氏が死守しなければならない重要州だ。一方、ペンシルベニア州はバイデン氏の生まれ故郷で、2016年の前回大統領選でトランプ氏が制した同州をバイデン氏が奪還できるかが、中西部から東部にかけての「ラストベルト」(衰退した工業地帯)の白人労働者票の確保に向けたカギとなる。

 トランプ氏は2回目の討論会に関し、新型コロナ感染予防のためオンライン形式に変更されたのに反発して参加拒否を表明した。その後、バイデン陣営がABCとの対話集会を企画したのに合わせて他局で集会を行うことを決めた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ