慰安婦像「当面認める」 許可取り消しの独自治体

 ドイツの首都ベルリン市ミッテ区の公有地に設置された慰安婦像について、設置許可を取り消すとしていたミッテ区当局は13日、像の設置を「当面の間、認める」と発表した。今後、日韓双方が折り合える妥協案を探りたいとしている。

 区は8日に許可取り消しを発表。日韓間で中立を保つべきだと判断したとして、14日までの像撤去を求めた。これに対し、ドイツの韓国系市民団体「コリア協議会」は区の取り消し決定の効力停止をベルリンの裁判所に申請し、区にも異議を申し立てていた。

 茂木敏充外相が今月1日にドイツのマース外相とオンライン会談した際、像の撤去を要請したとみられており、協議会はこの会談が政治的圧力となり、区の決定に影響したとの見方を示した。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ