日本外交に韓国歯ぎしり ベルリンの慰安婦像撤去命令に「民間の動きに政府が関与することは望ましくない」と批判

 当然の措置だ。ドイツの首都ベルリン市ミッテ区で先月、韓国系市民団体が中心となって慰安婦像を設置した問題で、像が置かれた同区当局は8日、同団体に1年に限って出していた設置許可を取り消し、今月14日までに撤去するよう求めたと発表した。茂木敏充外相は最近、ドイツのマース外相との電話会談で像の撤去を要請していた。

 同区は慰安婦像の設置が「日本各地やベルリンで、いらだちを引き起こした」と指摘した。フォンダッセル区長は、像が2つの国家の対立に関係しているとして、ドイツでの設置に「ふさわしくない」と強調。「国家間の歴史的論争を巡り、どちらか一方に肩入れする事態は避けたい」とコメントした。

 慰安婦像の設置は現地の韓国系市民団体が中心となって進め、金銭疑惑が多数浮上している慰安婦支援団体「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯(正義連)」が製作費などを支援した。市民団体は「芸術作品」として設置を申請し、1年間の期限付きで許可を得ていた。ドイツでの慰安婦像設置は3体目で、今回初めて公共の場に置かれた。

 茂木外相の撤去要請に関し、韓国外務省報道官は8日の定例記者会見で「民間の自発的な動きに政府が外交的に関与することは望ましくない」と批判した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ