米大統領選・副大統領候補者討論会 ペンス氏とハリス氏、大統領候補を手堅く擁護

 11月3日実施の米大統領選に向け、西部ユタ州ソルトレークシティーで7日開催された副大統領候補の討論会で、共和党のペンス副大統領(61)と民主党のハリス上院議員(55)はそれぞれの大統領候補の立場を擁護して、副大統領候補としての役割を果たした。一方でトランプ大統領(74)の新型コロナウイルス感染と一時入院で注目を集めた非常時の副大統領の役割への言及は避けた。(ソルトレークシティー 平田雄介)

 会場となったユタ大学の講堂に、ペンス氏は黒のスーツに白いシャツに赤色のネクタイ姿、ハリス氏は黒系のパンツスーツという姿でそれぞれ登場した。手堅い討論者であることを印象づける意図がにじむ。

 口火を切ったハリス氏はテレビカメラにも目線を向け、視聴者にも話しかけるよう努めた。トランプ氏の新型コロナ対応への批判にペンス氏が反論しようとすると、「私が話しています」と強気に切り返した。

 トランプ政権が早ければ今月中に完成すると主張するワクチンについて、ハリス氏は「トランプ氏が推奨しても私は接種しない」と安全性への疑問を提起。ペンス氏は「ワクチンの信頼性を損ねる主張は受け入れられない」と反論した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ