日本からのドイツ慰安婦像撤去要請を韓国外務省が批判

 【ソウル=名村隆寛】茂木敏充外相がドイツのマース外相との電話会談で、同国の首都ベルリン中心部に先月設置された慰安婦像の撤去を要請したことに対し、韓国外務省報道官は8日の定例記者会見で「民間の自発的な動きに政府が外交的に関与することは望ましくない」と批判した。

 報道官は像を「歴史的な事実に関連した追悼教育のためのもの」だとし、日本政府の関与は「問題解決にならず、日本が自ら表明した責任の痛感と謝罪、反省の精神にも逆行する」と述べた。さらに「韓国政府は状況を注視しつつ適切な対応を検討する」と語った。

 問題となっている像は現地の韓国系市民団体が中心となって設置し、韓国の元慰安婦支援団体「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯(正義連)」が製作費などを支援した。ドイツ国内に設置された慰安婦像は3体目で、今回初めて公共の場に設置された。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ