米大統領選・現場をゆく(下)治安維持と人種差別 揺れる「法と秩序」  

黒人は「反トランプ」

 犯罪の急増と暴動の深刻化を受け、大統領選の民主党候補、バイデン前副大統領(77)や民主党指導部は9月に入ってようやく「暴力的な抗議行動は容認できない」と明言するようになった。

 バイデン氏は一方でトランプ氏を「差別主義者」と決めつけ、黒人の反トランプ感情に訴えている。

 5月末からニューヨーク市でBLMの抗議デモに参加する黒人男性のデスモンド・モレロ氏(25)は10代のとき、警官に誤認逮捕された経験があるといい、「トランプ氏だけは許せない。追い出すためにバイデン氏に一票をいれる」と息まいた。(この連載はワシントン 黒瀬悦成、塩原永久、平田雄介、ニューヨーク 上塚真由が担当しました)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ