米大統領選・副大統領候補者討論会(3)静かな論戦 ハリスはカメラ目線で政権批判

 11月3日の米大統領選に向けた、共和党のペンス副大統領(61)と民主党のハリス上院議員(55)による副大統領候補者討論会が7日、西部ユタ州ソルトレークシティーで行われた。

    ◇

 会場となったユタ大学にペンス氏は白いシャツに赤色のネクタイで登場。ハリス氏は黒色系のパンツスーツ姿で論戦に挑んだ。

 入場者が制限され、静かな雰囲気で始まった討論会は、新型コロナウイルスに関して議論。口火を切ったハリス氏は、カメラにも目線を向け視聴者に話しかけるよう努めた。新型コロナに関してトランプ政権の対応を批判すると、ペンス氏が首を横に振るしぐさも。

 ペンス氏は自身の発言の番になると、感染拡大の初期段階で世界第2の経済規模を誇る中国からの入国を禁じた措置など対応の正当性を訴えた。

 論戦の序盤は、トランプ大統領(74)と民主党の大統領候補、バイデン前副大統領(77)の討論会とは異なり、相手の発言を遮るような非難合戦にはならなかった。

   (ワシントン支局)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ