米大統領選・副大統領候補者討論会(1)ペンス、ハリス両氏の討論「距離」とって始まる

 11月3日の米大統領選に向けた、共和党のペンス副大統領(61)と民主党のハリス上院議員(55)による副大統領候補者討論会が7日、西部ユタ州ソルトレークシティーで始まった。米国での新型コロナウイルス感染が世界最悪となり、トランプ大統領(74)も感染した中で、ハリス氏はトランプ政権の新型コロナ対応の指揮をとるペンス氏の責任を追及するとみられる。

 トランプ氏に加え、民主党の大統領候補、バイデン前副大統領(77)も高齢のため、職務遂行が困難になった場合に大統領の職務を継承する副大統領としての資質が注目されており、選挙戦で1回だけ実施される副大統領候補者討論会への関心が高まっていた。

 討論会場の舞台上には、感染防止のため両候補の机が約3・7メートル離して設置され、飛沫を防ぐための透明なパネルが2つの机の間に置かれた。(ワシントン支局)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ