「慰安婦被害者法を廃棄せよ」韓国・保守系団体が「反日」にNO! 「慰安婦が性奴隷で、被害者だというのはウソだ。強制連行の証拠もない」

 韓国の保守系団体「慰安婦法廃止国民運動」が5日、ソウル市の青瓦台(大統領府)前でデモを行い、韓国国民は慰安婦問題をめぐって「歴史の真実」を知るべきだと声を上げた。同国では、元慰安婦を批判しただけで懲役・罰金となりかねない法案が浮上した。団体は、韓国国会で「反日」色が強まっていることにもNOを突き付けた。

 「慰安婦が旧日本軍の性奴隷で、戦争犯罪の被害者だというのはウソだ。強制連行の証拠もなかった」

 韓国の国史教科書研究所の金柄憲(キム・ビョンホン)所長らは、こう訴えた。

 デモには「文在寅政権の反日教育は間違っている」と主張する男子中学生や、保守系のユーチューバーらが参加し、「反日」の元凶と位置付ける「慰安婦被害者法を廃棄せよ」と書かれた横断幕を掲げた。

 関係者によると、韓国政界では今年夏、慰安婦被害者法に「元慰安婦を批判したり、問題を提起しただけで、最長7年の懲役刑または7000万ウォン(約640万円)の罰金」という条項を加える動きも見られた。

 その後、撤回されたというが、隣国の「言論の自由」「表現の自由」が心配だ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ