トランプ大統領、電撃復活で中国に“1000倍返し”!? コロナに勝利で強いリーダー像アピールし大統領選「奇跡の大逆転」狙う 識者「『中国の陰謀』主張する可能性も」

 新型コロナウイルスに感染したドナルド・トランプ米大統領(74)は5日午後6時40分(日本時間6日午前7時40分)ごろ、首都ワシントン近郊のウォルター・リード軍医療センターを退院した。「Good!」を意味する、親指を立てるジェスチャー(サムズアップ)を披露し、大統領専用ヘリ「マリーンワン」で3日ぶりにホワイトハウスに戻った。米大統領選(11月3日投開票)の世論調査で、トランプ氏は、民主党のジョー・バイデン前副大統領(77)にリードされている。「未知のウイルス」に勝利した強いリーダー像をアピールし、ウイルスの世界的大流行(パンデミック)を引き起こした中国との対決姿勢を強めることで「奇跡の大逆転」を狙っているようだが、うまくいくのか。

 トランプ氏は5日夕、紺のスーツに白い大きなマスクをして、ウォルター・リード軍医療センターを退院した。報道陣にサムズアップや、何度か拳を握って健在ぶりを示し、「ありがとう」と呼びかけた。

 2日に入院したトランプ氏は、米製薬企業リジェネロン社が開発し、臨床試験中の人工的な抗体による「抗体カクテル療法」のほか、抗ウイルス薬レムデシビルやステロイド系抗炎症薬デキサメタゾンの投与を受けた。

 退院直前、トランプ氏はツイッターで、「私はとても気分がいい。新型コロナを恐れるな。ウイルスに生活を支配されるな。トランプ政権下で、素晴らしい薬と知見が得られている」「すぐに選挙戦に戻る。フェイクニュースは、ウソの世論調査を流している」などと発信した。

 トランプ氏の容体について、専属医は5日の記者会見で、「この24時間改善し続け、退院の基準を満たした」と説明した。ただ、完全に回復したわけではないとの認識を示し、ホワイトハウスに戻ってからも「世界最高水準の医療を提供する」と強調した。

 今回のトランプ氏の感染・入院や、ホワイトハウスでのクラスター発生について、米国民は冷ややかな視線を送っているようだ。

 米政治専門サイト「リアル・クリア・ポリティクス」の集計(5日時点)によると、各種世論調査の平均値は、バイデン氏支持の50・7%に対し、トランプ氏は42・2%と8・5ポイント差。ロイター通信と調査会社イプソス社が2~3日に実施した世論調査では、民主党支持者の10人に9人、共和党支持者の10人に5人を含む65%が、「トランプ氏が深刻に受け止めていれば、感染しなかっただろう」との見解だった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ