トランプ氏体調良好、酸素吸入なし 医師団

 【ワシントン=黒瀬悦成】新型コロナウイルスへの感染が確認されたトランプ米大統領(74)は2日、ワシントン近郊のウォルター・リード軍医療センターに入院した。数日間、センター内で職務を行う。入院から一夜明けた3日、トランプ氏の医師団は同氏の体調について「非常に良い」と強調。呼吸困難はなく、酸素吸入などはしていないと述べた。

 医師団は同センターで記者団に対し、トランプ氏が抗ウイルス薬レムデシビルを5日間、使用する予定であると説明。当初は軽いせきなどの症状があったが、改善している。過去24時間、発熱はないという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ