米大統領選テレビ討論会、まるで“老人2人の口げんか” 60%もの米国民はバイデン氏の何を支持? CNN調査に疑義あり

 【有本香の以読制毒】

 米大統領選の第1回テレビ討論会が9月29日夜(日本時間30日午前)、行われた。米国のメディアは「史上最悪」と酷評している。討論会初回で雌雄を決することはないが、何しろ世界の行方を左右する論戦だ。まずは私見を寄せたい。

 現職の共和党、ドナルド・トランプ大統領は74歳、挑戦者の民主党、ジョー・バイデン前副大統領は77歳(=当選したら就任時には78歳)という老老対決だ。だから、というわけではないが、「キレのある論戦」は、はなから期待していなかった。

 政策よりも、どちらが「勝者」の雰囲気をつくり出せるか-両陣営ともそれに腐心するだろうことも分かっていた。加えて、米国の主流メディアが、これまで以上に「バイデン有利」を印象付けようとすることも分かっていた。

 そして案の定、討論会直後の報道は次のとおりである。

 CNNテレビは、バイデン氏善戦が60%強、トランプ氏との回答が28%だったという驚きの報道だ。どちらが「誠実に回答していたか」という問いには、バイデン氏という回答65%、トランプ氏29%だったとも報じている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ