「税逃れのトランプ」は学生時代から有名な嫌われ者だった

 米紙ニューヨーク・タイムズは、トランプ大統領が就任前の15年間のうち計10年間にわたり、所得税を一切納めていなかったと報じた。本人は即座に否定したが、納税申告書など証拠となる書類は開示していない。また、大富豪と言われてきた同氏のビジネスが、実際は窮地に陥っていたことも暴かれた。リアリティショーの司会者として名を売ったトランプ氏の「リアル」が、いよいよ暴かれようとしている。トランプ氏と同世代で、ニューヨークのビジネス界で同時代を生きてきたジャーナリスト・佐藤則男氏がリポートする。

 * * *

 とうとうその時がやってきた。4年前にトランプ大統領が誕生した当時、筆者を含め多くのアメリカの報道関係者やビジネスパーソンがとっさに思ったことは、トランプ大統領は納税申告書の開示を要求されるだろうが、それはできないのではないか、ということだった。納税の開示は法定の義務ではないが、歴代大統領が守ってきた慣例である。アメリカ人としての義務をきちんと果たしていることを広く国民に示すためである。

 しかし、トランプ氏にはそれは難しいと思われた。税金を一切払っていないという噂は当時からあり、少なくともかなり際どい税逃れをしていることは容易に想像できた。大統領が率先して税金を逃れているということは、ほとんどの納税者にとって許しがたいことだ。まして、大企業グループの経営者、いや「王」のような存在の男である。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ