米大統領選・第1回討論会 トランプ氏「民主党は社会主義者」、バイデン氏「オバマケアを拡大」

 【ワシントン支局】11月3日の米大統領選を前に、共和党候補で現職のトランプ大統領(74)と民主党候補のバイデン前副大統領(77)による第1回候補者討論会が29日、中西部オハイオ州クリーブランドで行われた。

 バイデン氏は、オバマ前政権が手がけた医療保険制度改革法(オバマケア)に関して拡大するとの持論を展開。これに対して、トランプ氏はオバマケアを廃止する立場から「民主党は社会主義者だ」と批判した。

 討論会は、最終盤に差し掛かる大統領選で初の直接対決となった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ