トランプ氏、所得税納めず 借金との指摘も 「不動産王」のイメージ崩れるか 本人は「フェイク」と否定

 米紙ニューヨーク・タイムズは27日、独自に入手した納税資料に基づき、トランプ大統領が当選前の15年間のうち10年間も、連邦政府に所得税を納めていなかったと報じた。大統領に当選した2016年と就任した17年に納めた所得税もそれぞれ750ドル(約7万9千円)だけだったという。

 節税の結果とみられるが、借金に追われているとの指摘もある。11月の大統領選を前に、同氏が売りにする「成功した不動産王」とのイメージが崩れる可能性が出てきた。野党民主党にとっては新たな攻撃材料となりそうだ。

 トランプ氏はホワイトハウスで記者会見し、同紙の報道を「フェイクニュースだ」と真っ正面から否定したが、実際にどの程度の納税を行ったのかについては説明を避けた。

 同紙によると、今後4年間でトランプ氏に返済義務がある3億ドルの借入金が返済期限を迎えるという。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ