北が韓国に「領海侵犯」と警告 射殺事件の遺体捜索めぐり

 【ソウル=桜井紀雄】北朝鮮の朝鮮中央通信は27日、北朝鮮による韓国人船員の射殺事件で、韓国が艦艇を動員して黄海で続けている遺体の捜索活動について、海上の軍事境界線を侵犯しているとして「新たな緊張を誘発しかねない無断侵犯行為を直ちに中止するよう求める」と警告した。

 北朝鮮の国営メディアが事件に触れるのは初めてだが、「芳しくない事件」と表現し、射殺や金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が韓国に謝罪したことには言及しなかった。

 通信は「領海侵犯は絶対に看過できない」と強調しつつ、北朝鮮が付近を全て捜索し遺体を収容すれば「慣例通りに南側に引き渡す手続きと方法まで考えている」と明らかにした。

 黄海上の境界をめぐっては南北で主張が異なる。韓国は海洋警察や海軍などの艦船約40隻や航空機を投入して捜索。韓国軍は27日、「捜索活動を正常に行っている」との立場を示した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ