拘束中の強姦、拷問が横行 ベラルーシ反体制派が演説

 ベラルーシ大統領選で2位になり、選挙後に出国を余儀なくされた反政権派のチハノフスカヤ氏は21日、ブリュッセルの欧州連合(EU)欧州議会で演説し、ルカシェンコ政権に抗議し拘束された人々に対する獄中での強姦や拷問が横行していると訴えた。チハノフスカヤ氏は「2020年の欧州で起きている」ことだと写真を見せながら非難し、再選挙実現と民主化に支援を求めた。

 EUは同日の外相理事会で、欧州安保協力機構(OSCE)監視下での「自由で公正な再選挙」を訴えるベラルーシ市民に連帯感を表明した。

 チハノフスカヤ氏は、反政権活動は反ロシアでも親欧州でもなく「親ベラルーシの革命」だと強調。EUや加盟国によるルカシェンコ政権側への各種協力見直しを求め、市民社会を支えるよう要請した。

 チハノフスカヤ氏は演説に先立ち、同議会近くで行われた反政権集会に参加。集まった人々は「チハノフスカヤを大統領に」「プーチン(ロシア大統領)はベラルーシに手を出すな」と訴えた。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ