トランプの逆襲を予感させたバイデン「なまぬるい市民集会」

 日本では、新聞やテレビの新政権「ご祝儀報道」がネットを中心に批判され、有権者をうんざりさせている。菅新首相の過去の政策や言動はほとんど報じない一方で、「女子に赤面するシャイな少年だった」とか「そばを食べるのが早い」など、親しみやすさをアピールするヨイショ記事が目白押しだ。対照的に、アメリカでは政治報道も政治家同士の論戦も激烈だ。大統領選挙ともなれば、少しでも気を抜いたり弱みを見せたりしたら徹底的に叩かれる。真剣勝負である。ニューヨーク在住ジャーナリスト・佐藤則男氏は、世論調査でリードを広げる民主党のバイデン氏には隙が見える、と分析した。

 9月17日、CNNの主催で民主党の大統領候補、ジョー・バイデン氏のタウンホール・ミーティングが開かれた。ドライブイン形式で集まった有権者からの質問に答える構成で、コロナ禍の選挙で数少ない市民と直接対話する機会だった。バイデン氏は、富豪の家に育ったトランプ大統領に対して自分は中間層出身であることや、トランプ政権のコロナ対策が株価や企業ばかり気にしていることなどを訴えた。

 アメリカに渡って46年、いくつもの大統領選挙を見てきた。戦いのクライマックスはテレビ討論会であり、前哨戦であるタウンホール・ミーティングも重要だ。今回はテレビ討論会は9月29日を皮切りに3回予定されている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ