中国、米国務次官の訪台に「断固反対」と反発

 【北京=三塚聖平】中国外務省の汪文斌(おう・ぶんひん)報道官は17日の記者会見で、米国のクラック国務次官の台湾訪問について「中国は断固として反対する」と強く反発し、米側に厳重な申し入れを行ったことを明らかにした。

 その上で「情勢の推移に基づいて必要な反応をする」と述べ、何らかの対抗措置をとることを示唆した。

 汪氏は「いかなる形であっても米台当局の往来に断固反対する。これは一貫した明確な立場だ」と米側を牽制(けんせい)した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ