韓国・文政権、人気取り政策で右往左往 人気K-POPグループ「BTS」に兵役延期論 識者「例外扱いが大好き…もうお構いなしだ」

 韓国の7人組男性音楽グループ「BTS(防弾少年団)」の「兵役延期」をめぐる議論が浮上している。これまでもスポーツ選手などの実質兵役免除が実現しているが、文在寅(ムン・ジェイン)政権が人気取りのために法改正に踏み切れば、若者たちの怒りを買うことも間違いなさそうだ。

 BTSは、米ビルボードのシングルチャートで新曲「Dynamite」が1位を獲得した。文大統領はツイッターで「K-POPのプライドを高める快挙」などと大絶賛しているという状況だ。

 聯合ニュース(日本語電子版)は、与党「共に民主党」の田溶冀(チョン・ヨンギ)議員が、BTSのような国家に貢献した芸能分野におけるアーティストに関して、兵役時期を遅らせるなどの内容を盛り込んだ兵役法改正案を代表発議したと報じた。

 田氏は「兵役延期は免除や特例とは全く異なるもの」とした上で、20代で人気を得る活動を行う職種の入隊時期を延期できる選択肢が与えられなければならないと話したという。

 韓国の兵役制度では、男性は20~28歳までに18~21カ月間入隊する義務がある。BTSのメンバー、JIN(ジン)は12月に28歳を迎え、入隊すれば活動に影響が出ることは間違いない。最年少のJUNGKOOK(ジョングク)は23歳で、入隊時期によっては長期間に渡って活動が制限される可能性もある。

 青瓦台(大統領府)のホームページには、文大統領にBTSの兵役免除を求める請願が提出され、15日午前までに約1700人が賛同している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ