トランプ大統領が自ら認めた「コロナ安全デマ」の衝撃

 アメリカのコロナ感染は、いまだ終息の気配が見えない。当然、11月の大統領選挙でも大きなテーマのひとつになる。日本では、東日本大震災による福島第一原発事故の際、当時の枝野幸男・官房長官が「ただちに影響はない」と繰り返して、「安全デマ」だと批判された。トランプ氏にいま、同じ疑惑がかけられている。ニューヨーク在住ジャーナリスト・佐藤則男氏がリポートする。

 * * *

 トランプ大統領は今年1月28日に、大統領執務室で諜報部門からコロナウイルスに関するトップシークレット情報のブリーフィングを受けた。「あなたの大統領任期のなかで、国家安全保障を脅かす最大の脅威だ」と、ロバート・オブライエン国家安全保障補佐官は言った--。

 これは、ワシントン・ポスト編集主幹で世界的に有名なジャーナリストであるボブ・ウッドワード氏の新刊の記述である。9月15日発売で、タイトルは『Rage(怒り)』。同氏によるトランプ政権の内幕を描いたノンフィクションの2作目になる。

 そのなかで明らかにされた重大な証言がある。トランプ大統領は、コロナウイルスについて公に発言する際に、その深刻さを意図的に控えめに話していたと、ウッドワード氏に語ったのである。パニック回避が目的だったというが、公表されたインタビューの録音を聞く限り、少なくとも筆者の印象はそれとは程遠いものだった。「嘘つきトランプ」の典型的な言い回しだと感じた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ