米大統領選、激しさ増すヒスパニック票の争奪戦

 【ワシントン=平田雄介】11月3日実施の米大統領選で、民主党候補のバイデン前副大統領は15日、南部フロリダ州で同日始まった「ヒスパニック(中南米系)伝統月間」の行事に参加して演説し、共和党候補のトランプ大統領の支持率が伸びた中南米系への浸透を図った。トランプ氏も先週末から中南米系が多い西部のネバダ州やアリゾナ州を遊説。人種的少数派の中で最多とされる中南米系の集票をめぐる争いが激しくなっている。

 バイデン氏は演説で、メキシコ国境で不法入国した親子を引き離して拘束するなどしたトランプ政権の政策を「凶悪な行い」と非難。2017年の大型ハリケーン・マリアで被災したカリブ海の自治領プエルトリコの住民の救援を「軽視した」として、トランプ氏は「中南米系を助けるのに何度も失敗した」と批判した。

 フロリダ州では、NBCテレビが8日に発表した世論調査で、トランプ氏が中南米系の支持率でバイデン氏を4ポイント上回った。前回2016年大統領選の出口調査では、民主党候補だったクリントン元国務長官がトランプ氏を27ポイント上回っており、顕著な変化が現れている。

 新型コロナウイルスの流行に伴う苦境の中、経済対策の支持率でバイデン氏を上回るトランプ氏が、独裁政権下のキューバなど中南米の貧しい国々から移民したルーツを持つ有権者の期待を集めた可能性がある。

 トランプ氏はネバダ州を12~14日に遊説。アリゾナ州では14日夜に中南米系支持者との対話集会を開き、反米左派が政権を握るベネズエラなどを挙げて、「皆さんの祖父母や両親は、米国で夢を叶えるために治安の乱れなど問題の多い国からやってきた」と指摘。「バイデン氏は警察予算を削減するが、私は警察官を増員する」と訴え、喝采を浴びた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ