UAEへF35売却、トランプ大統領が前向き イスラエルは反対

 トランプ米大統領は15日、イスラエルとの国交正常化に合意したアラブ首長国連邦(UAE)に対して米国製の最新鋭ステルス戦闘機F35を売却することに「問題はない」と述べ、前向きな姿勢を示した。FOXニュースの番組で語った。アラブ諸国へのF35売却にはイスラエルが反対している。

 歴代米政権は中東でのイスラエルの軍事的な優位性を保つため、最新兵器のアラブ諸国への供給を控えてきた。しかしトランプ氏は、米国内の雇用確保にもつながるとの考えを強調した。

 米国が中東で兵器供給を拡大すれば、軍拡競争を招くとの懸念が出ている。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ