TikTok側、米オラクルと提携 マイクロソフトは脱落

 【ワシントン=塩原永久】中国IT大手、北京字節跳動科技(バイトダンス)が動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」の米国事業の売却交渉で、米ソフトウエア大手オラクルを提携先に選んだと、米メディアが13日に報じた。米事業売却先として有力視されてきた米マイクロソフト(MS)は同日、買収提案がバイトダンスから拒否されたと発表、交渉から脱落した。

 ロイター通信によると、バイトダンスはオラクルを米国事業の「技術パートナー」に選んだ。オラクルはティックトックの米国利用者のデータ管理を引き受ける役割にとどまり、米国事業を完全買収する形にはならない見通しだという。

 トランプ米大統領は、中国企業による米国でのアプリ運営を認めず、米国事業の完全売却を求めていただけに、今後は米政権がオラクルとの提携案を認めるかが焦点になるとみられる。

 トランプ氏は、ティックトックの米利用者のデータが中国当局に流出する「安全保障上の懸念がある」と問題視。今月15日までに米企業に対する米事業売却交渉を妥結できなければ、事実上、米国での運営を禁じる方針を表明している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ