金正恩氏、台風9号の被災地訪問した「本当の理由」 識者「トランプ氏が落選なら北は強硬手段も」

 9日に建国72年を迎えた北朝鮮。金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は、台風9号で被害が出た日本海側の咸鏡南道(ハムギョンナムド)を訪問したが、潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の開発拠点を視察した可能性も指摘されている。国連制裁、新型コロナウイルス、自然災害の「三重苦」の中、党創建75年の節目である10月10日、さらに11月の米大統領選を前に、強硬手段に出てくるのか。

 北朝鮮では8月以降、豪雨や台風被害が続いており、正恩氏は被災地に自ら足を運んでいる。

 今月5日付の「公開書簡」で正恩氏は、軍部隊は既に他の被災地に動員されていると指摘し、台風9号で被災した咸鏡南道、咸鏡北道(ハムギョンプクト)の復旧に首都平壌(ピョンヤン)の党員が駆け付けるよう呼び掛けた。朝鮮中央通信は30万人以上が志願したと報じた。

 「北朝鮮では治水対策が進まず水害が多い。1990年代の大飢饉(ききん)の引き金にもなった」と解説するのは、北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長の高英起(コウ・ヨンギ)氏。「現時点ではコメの価格も安定しており、影響が出るとすれば来年3~4月ごろではないか」と語る。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ