トランプ米大統領 セルビアとコソボの仲介でも来年のノーベル平和賞に推薦される 米紙報道

 【ワシントン=平田雄介】米議会紙ヒルは11日、トランプ大統領が、対立していた旧ユーゴスラビアのセルビアとコソボの経済協力を仲介したとして、ノーベル平和賞の来年の受賞候補に推薦されたと伝えた。

 ヒルによると、推薦したのはスウェーデンの国会議員で、自身のツイッターに「平和と経済発展をめざす米国とコソボ、セルビアの取り組みを理由に3カ国の政府を平和賞に推薦した」と投稿した。これに対し、コソボのホテイ首相はツイッターとフェイスブックに「この上なく感謝しています」と書き込んだ。

 コソボは2008年にセルビアからの独立を宣言。以来、両国は対立してきたが、米国の仲介で4日、経済関係を正常化し、投資の促進や雇用の創出で協力を進めることで合意した。

 トランプ氏は9日にも、イスラエルとアラブ首長国連邦(UAE)の国交正常化の合意を仲介したとして、ノルウェーの国会議員から来年の平和賞の受賞候補に推薦されている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ