安倍政権を振り返る EUの信頼、対北朝鮮の成果 前大統領らが語る

 安倍晋三首相の対欧州連合(EU)外交について、ドナルド・トゥスク前EU大統領が振り返った。対北朝鮮政策については米国のエバンズ・リビア元筆頭国務次官補代理が語った。

■G7の緊張和らげた 前EU大統領のドナルド・トゥスク氏

 安倍晋三首相が辞任を表明した日、欧州連合EU本部のあるブリュッセルで私の会った人たちはみんな「そんなこと、ありえない!」と衝撃を語った。欧州にとって、アベという名前は日本政治と切り離せなかったからだ。安定し、筋道の通った責任政治の象徴だった。

 日欧関係で安倍首相の最大の功績は、2018年の日本とEUの経済連携協定(EPA)締結だ。トランプ米政権の発足や英国のEU離脱決定で「反グローバル化」の逆風が強まる中、世界最大級の貿易圏を実現した意義は大きい。

 安倍首相が自ら交渉に乗り出さなければ、不可能だった。国際社会の協力や合意はまだ可能なのだと示し、世界に希望を与えた。民主主義と法の支配、自由を信じる陣営を勇気づけた。

 環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)では、米国が交渉を去った後、粘り強く結実させた。

 安倍首相はトランプ大統領と個人的な関係を築きながら、欧州ともかつてないほど深い関係を作り上げた。トランプ氏の欧州たたきを懸念し、先進7カ国(G7)首脳会議で参加者みんなの感情を鎮め、緊張を和らげてくれた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ