NY市の店内飲食再開へ 客数は25%に制限

 米東部ニューヨーク州のクオモ知事は9日の記者会見で、新型コロナウイルス感染症の流行に伴うニューヨーク市の営業規制に関し、今月30日からレストランの店内飲食を認めると明らかにした。客数の上限は定員の25%に制限する。

 同市で店内飲食が可能となるのは3月以来、約半年ぶり。客には入り口での検温を義務付け、追跡調査ができるよう各グループの代表者が連絡先をレストランに提供しなければならない。

 クオモ氏は、レストランが感染防止策を順守するよう検査態勢を拡充する方針も表明。違反を見つけた場合は当局に連絡するよう市民に呼び掛けた。

 一時は米国最大の感染地だったニューヨーク州の状況は沈静化しており、8日の新規感染者は約580人。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ