北が弾道ミサイル「北極星3」実験準備か

 【ワシントン=黒瀬悦成】米政策研究機関「戦略国際問題研究所」(CSIS)は4日、北朝鮮が東部新浦(シンポ)の造船所で潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)「北極星3」の発射実験を準備している可能性があるとする、最新の商業衛星画像に基づく分析結果を公表した。

 4日撮影の画像によると、過去のミサイル発射実験で潜水式のミサイル発射用はしけを曳航(えいこう)した船に似た船舶が係留されているのが確認されたとしている。北朝鮮が開発を進めているとされる、SLBM搭載用の新型潜水艦の姿は画像では確認されなかった。

 北朝鮮は昨年5月以降、SLBMや新型の短距離弾道ミサイルの発射実験を相次ぎ実施している。同研究所は北朝鮮が9月9日の建国記念日または10月10日の朝鮮労働党創立記念日に合わせてミサイル実験を行う可能性があると指摘した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ