米大統領選まで2カ月 社会の分極化でトランプ氏巻き返しの可能性 足立正彦住友商事グローバルリサーチ・シニアアナリスト

 11月3日投票の米大統領選に向けて民主党候補のバイデン前副大統領は世論調査で共和党現職のトランプ大統領に対して優勢を維持してきた。ただ米社会の分極化、党派対立の激しさを考えた場合、トランプ氏が盛り返して接戦になる可能性はあるとみている。

 トランプ氏の再選には前回2016年大統領選で民主党のクリントン候補に勝ったペンシルベニア、ミシガン、ウィスコンシンの3州が焦点となる。特にペンシルベニア、ミシガンを落とさないことが重要だ。また、新型コロナウイルス感染が広がったフロリダ州は、各州に割り当てられる選挙人が「激戦州」最多の29人で、同州を落とした時点で再選の道は消える。

 一方、バイデン氏にとっては前回大統領選でクリントン候補が敗北したものの近年党勢が伸長しているアリゾナ、ノースカロライナ両州が焦点だ。ノースカロライナは民主党が力を入れてきた州の一つで、それに対抗するように共和党が今回、党大会を同州で開催した。バイデン氏にとっては両州を制することが非常に重要になってくる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ