中国、米国の懸念表明に「根拠も道理も皆無」と反発 南シナ海のミサイル発射で

 【北京=三塚聖平】中国外務省の趙立堅(ちょう・りつけん)報道官は28日の記者会見で、中国が南シナ海のパラセル(中国名・西沙)諸島の周辺で弾道ミサイルを発射したことに米国防総省が懸念を表明したことについて、「指摘には根拠も道理もまったくない」と反発した。

 趙氏は、米国が南シナ海に軍艦や偵察機を頻繁かつ大規模に送って武力を見せびらかしていると主張し、「中国の主権と安全利益を損なっている。米国が南シナ海の平和と安定の破壊者であり、厄介事を作り出している」と米側に責任を押し付けた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ