米大統領選 共和党大会で盲目の中国人権活動家が演説

 【ワシントン=黒瀬悦成】3日目を迎えた26日の米共和党全国大会で、中国当局から弾圧を受けた盲目の人権活動家、陳光誠氏が演説した。陳氏は「中国共産党は人類の敵だ。自国民を恐怖に陥れ、世界の幸福を脅かしている」と訴え、厳格な政策で中国に態度変更を迫るトランプ大統領への強い支持を表明した。

 陳氏は中国山東省出身の弁護士で、人口抑制関連法(一人っ子政策)に基づき同省で行われていた妊婦の強制堕胎に関し、2005年に集団訴訟などの抗議運動を展開して実刑判決を受け、服役後に自宅軟禁された。12年4月に自宅から脱出して北京の米大使館に保護された後、同年5月に米国に出国し、事実上の亡命生活を送っている。

 陳氏は「中国では、信条や思想について意見を表明することは中国共産党によって禁止されている。宗教や民主主義、人権(への言及)は監獄行きとなりかねない」と訴えた。

 陳氏はその上で「米国は自由と民主主義、法の支配といった価値観に基づいて他の民主主義諸国を結集すべきだ」と指摘。「トランプ大統領はこうした取り組みを主導してきた。他の国々も(中国との)戦いでトランプ氏に合流してほしい」と訴え、「これは私たちの未来をかけた戦いなのだ」と強調した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ