中国、米偵察に過敏反応 「撃墜の危険あった」

 【北京=西見由章】中国人民解放軍の北部戦区が設定した実弾演習のための飛行禁止区域に米軍のU2偵察機が25日侵入したとして、中国国防省が異例の非難声明を出した。ただ、他国の軍事演習に接近して情報収集を行うのは「各国の暗黙の了解」(軍事研究者)だ。今回、中国側が過敏に反応したのは、自国の周辺海域で米軍が監視活動を強化していることへの危機感が背景にありそうだ。

 北部戦区が25日に演習区域として設定していたのは中国北部の渤海(ぼっかい)と山東省沖の黄海。中国側の声明は米軍機の進入があった区域に触れていないが、中国海軍の張召忠退役少将はSNSで黄海だと明かした。

 中国国防省が25日に発表した声明は、米軍機が侵入によって「中国側の正常な演習を深刻に妨害」し、米中間の「海空安全行動ルール」や国際慣例に違反すると主張した。

 中国紙の環球時報(英語版)も米軍機が「誤って撃墜される危険性があった」とし、「米側は中国軍が自制心を働かせたことを理解すべきだ」とする軍事専門家のコメントを掲載した。

 だが、中国側の言い分には誇張もありそうだ。中国側があえて抗議声明を出した理由について、笹川平和財団の小原凡司上席研究員は「中国軍が作戦能力や作戦内容などに関して情報を収集されることを非常に嫌がっているためだろう。統合作戦の能力などが高くないために実態を知られたくなかった可能性もある」と指摘する。

 北京の中国人軍事研究者は、2万メートルを超える超高空を飛行するU2偵察機について「韓国・ソウル南方の烏山(オサン)米空軍基地所属で主に北朝鮮の核施設や基地を監視している」と指摘し、「今回は演習だけではなく中国の陸上ミサイル基地などの状況も探っていたのではないか」と分析。「中国側は高高度偵察機のU2を発見、阻止する能力があると米側に誇示したかった」と解説した。

 米軍は7月、南シナ海で空母2隻が参加する演習を2度実施し、その後も空母1隻が東・南シナ海周辺に展開している。17日からは米海軍主催の「環太平洋合同演習(リムパック)」も始まった。中国側も対抗するように22日から黄海、24日からは渤海と南シナ海で演習を始めており、米国と台湾を軍事的に牽制(けんせい)する動きを強めている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ