米大統領選 ファーストレディー候補は「模範的存在」 メラニア夫人とジル夫人

 【ワシントン=平田雄介】11月3日の米大統領選に向けた共和党と民主党の全国大会にはトランプ大統領のメラニア夫人(50)と、バイデン前副大統領のジル夫人(69)が登場した。ファーストレディー(大統領夫人)候補の2人はともに、仕事と家庭のバランスを取りながら啓発活動にも取り組む米国女性のロールモデル(模範的存在)だ。

メラニア夫人 史上2人目の外国出身、子供の教育を重視

 メラニア夫人は1970年4月、スロベニア(旧ユーゴスラビア)生まれ。16歳でモデルを始め、パリやミラノで活躍。96年に米ニューヨークに拠点を移し、『ヴォーグ』や『エル』などファッション誌の表紙を飾った。宝石のデザインやスキンケア商品のプロデュースも手掛けた。

 トランプ氏とはパーティーで知り合い、2005年に結婚。翌年、男児を出産し、米国籍を取得した。

 17年1月のトランプ大統領就任に伴い、第6代ジョン・クインシー・アダムズ大統領のルイーザ夫人(英国出身)以来190年ぶりの外国出身のファーストレディーになった。子供の教育を重視し、学年末までトランプ氏をホワイトハウスに“単身赴任”させ、自身はニューヨークの自宅に残った逸話は有名。

 18年から、インターネット上のいじめなどから子供を守る啓発活動「Be Best(最高になろう)」を主導している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ