「メコン諸国にワクチン」 中国、新型コロナで表明

 中国の李克強首相は24日、北京でタイやミャンマーなどメコン川流域5カ国とのオンライン首脳会議に出席し「新型コロナウイルス感染症のワクチンを開発・実用化した後、メコン流域諸国に優先的に提供する」と表明した。

 中国メディアが伝えた。米中関係が悪化する中、中国はアジア外交を活発化させている。

 李氏は公衆衛生専門の予算を確保し、メコン諸国に防疫物資や技術を提供する考えも示した。

 中国外務省によると、王毅国務委員兼外相は23日、ベトナムのファム・ビン・ミン副首相兼外相と広西チワン族自治区で中越の国境画定20年の行事に出席し、会談した。

 演説で王氏は、南シナ海での領有権争いについて「陸地の国境画定の成功を参考に、海上問題を早期に解決しなければならない」と呼び掛けた。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ