中韓接近…コロナ安定後に習氏訪韓、合意 釜山で高官会談

 【ソウル=桜井紀雄】中国外交担当トップの楊潔●(=簾の广を厂に、兼を虎に)(よう・けつち)共産党政治局員は22日、訪問先の韓国釜山で、韓国大統領府の徐薫(ソ・フン)国家安保室長と会談した。新型コロナウイルス感染症対応での一層の協力を確認するとともに、中国の習近平国家主席の訪韓を、感染状況が安定し、条件が整い次第、早期に実現させることで合意した。大統領府が発表した。感染の拡大以降、中国要人の訪韓は初めて。

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権は当初、習氏訪韓の今年上半期の実現を見込んでいたが、感染の拡大で先送りとなり、その後、年内の実現を目指してきた。韓国でも感染が再拡大しており、今回も時期を詰め切れなかったもようだ。具体的な時期については引き続き協議していくとしている。

 大統領府によると、楊氏側は「韓国は習主席が優先的に訪問する国だ」と確認した。新型コロナの中でも交流を拡大させることや文政権が最重視する北朝鮮問題での協力も約束した。

 米中関係をめぐる懸案に関しても中国の立場を説明したという。貿易摩擦に加え、香港や南シナ海問題で米中対立が激化する中、韓国を中国サイドに取り込む狙いがあるとみられる。

 韓国が今年、議長国を担う日中韓首脳会談については、年内開催の必要性を協議し、李克強首相の訪韓の重要性を確認することにとどまった。いわゆる徴用工判決の解決策で進展がなく、日本との調整も進んでいない。会談は昼食会を含め、計6時間弱に及んだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ