米大統領選 異例のバーチャル党大会 静かな民主党大会 党の結束アピールも盛り上がりに課題

 【ニューヨーク=上塚真由】11月3日の米大統領選に向けた野党・民主党の全国大会は17日、新型コロナウイルス感染対策のため、録画や中継を通じたオンライン形式で開会した。党の大統領候補に指名されるバイデン前副大統領(77)のもとで結束を図るため、急進左派のサンダース上院議員(78)ら予備選の“ライバル”たちが次々と登場。党内外の融和を呼びかけたが、オンラインでの大会で、政権奪還に向けた機運をどれだけ高められるかが焦点となる。

 「皆さんと一カ所に集まりたかったが、安全で責任ある方法でわれわれの考えを共有し、国の未来を語り合うことにしました」

 党大会の冒頭、司会役の女優、エバ・ロンゴリアさんがスタジオからこう説明。数万人が一堂に会する例年の党大会の熱気はなく、各地の有権者へのインタビューや政治家らの演説の映像でつなぎ、淡々とプログラムが進んでいった。

 2時間の「バーチャル党大会」を通じて訴えたのは党の団結だ。民主党には2016年の前回選挙で中道派と左派の対立が解消されずトランプ大統領の当選を許した教訓がある。

 若者などに熱烈な支持基盤を持つサンダース氏は「私たちの民主主義、経済、地球が危機にひんしている。力を合わせ、ドナルド・トランプを倒さなければならない」と訴えるとともに、「失敗の代償は想像しがたいほど重くなる」と投票を促した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ