寄付金の大半を不正流用 韓国の慰安婦支援「ナヌムの家」

 【ソウル=名村隆寛】韓国ソウル近郊の京畿道(キョンギド)は11日、道内の広州(クァンジュ)にある元慰安婦の女性らが暮らす支援施設「ナヌムの家」で、2015年から約5年間に集められた寄付金88億ウォン(約7億9千万円)の大半が目的外に不正流用されていた、とする調査結果を発表した。

 発表によると、施設に用いられたのは寄付金のわずか2・3%の約2億ウォン。その多くも元慰安婦のための直接経費ではなかったという。

 そのほかは施設を運営する「大韓仏教曹渓宗ナヌムの家」が法人口座で管理し、一般向けの療養施設や土地購入のために蓄えられていたとみられている。

 また、介護人が体の不自由な元慰安婦に言葉による暴力で心理的な虐待を加えたり、元慰安婦の絵や写真、寄せられた励ましの手紙がベランダに放置されたりしていたことも判明した。

 ナヌムの家をめぐり、職員から「寄付金がおばあさん(入居している元慰安婦)のために使われていない」との内部告発があり、官民合同で調査が行われていた。京畿道は調査内容を検討した上で、警察に捜査を依頼し、社会福祉事業法などの違反には行政処分を科す方針だ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ