中国、米上院議員ら11人を制裁対象に 香港制裁への対抗措置

 【北京=三塚聖平】中国外務省の趙立堅(ちょう・りつけん)報道官は10日の記者会見で、米上院議員ら11人を制裁対象にしたと発表した。トランプ米政権が、香港政府トップの林鄭月娥(りんてい・げつが)行政長官ら計11人を制裁対象に指定したことへの対抗措置。趙氏は「中国の内政への乱暴な干渉だ」と米側を批判した。

 制裁対象となったのは、ルビオ上院議員や、クルーズ上院議員、国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウオッチ(HRW)のケネス・ロス代表ら。趙氏は、制裁対象とした11人について「香港に関する問題で言動が悪辣(あくらつ)だ」と非難した。制裁内容は説明しなかった。

 一方、香港紙、蘋果(ひんか)日報の創業者、黎智英(ジミー・ライ)氏が国安法違反の容疑で逮捕されたことについて、趙氏は「中央政府は、香港政府が法に従って講じる行動を支持する」との考えを示した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ