米中国防相が電話会談 中国は「グアム・キラー」発射演習で牽制

 【ワシントン=黒瀬悦成、北京=西見由章】エスパー米国防長官は6日、中国の魏鳳和国務委員兼国防相と約1時間半にわたり電話会談した。エスパー氏は、中国による台湾周辺や南シナ海での「情勢を不安定化させる活動」への懸念を表明し、中国に国際的な義務を順守するよう要請した。国防総省のホフマン首席報道官が記者会見で明らかにした。

 一方、中国国営新華社通信によると魏氏は、南シナ海や台湾問題、新型コロナウイルスの問題などをめぐって米側に「誤った言動」をやめるよう要求。また「海上での(衝突)リスク」の管理を強化し、情勢をエスカレートさせる危険な行動を避けるよう求めた。

 米側によると、エスパー氏は中国が国際法規やルール、慣行を守ることの重要性を訴えた上で、米中が「国防分野で建設的、安定的で結果重視の関係」を築くことの重要性を強調。さらに、中国が新型コロナをめぐる情報開示を一層進めるよう求めた。

 中国側によると、エスパー氏は「両国関係が緊張しているときに両軍は対話を維持し、危機をコントロールしてリスクを下げなければならない」と述べたという。

 米中両国が安全保障分野も含めて全面的な対立を深める中、軍事的衝突を回避する必要性を互いに強調した形だ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ