「中国はスケープゴート」 駐英大使が「新冷戦」で米批判

 【ロンドン=板東和正】中国の劉暁明駐英大使は30日、記者会見で米中関係に触れ、「中国に新たな冷戦を仕掛けたいのは太平洋の向こう側(の国)だ」と米国を批判した。大使は、米側が11月の大統領選に絡んで中国を「スケープゴート」にしようとしていると主張した。ロイター通信が報じた。

 大使は、米国の一部政治家が大統領選をにらんで支持拡大をもくろみ、「彼らの問題の責任を中国に負わせようとしている」と発言。「おそらく彼らは敵や冷戦が必要だと思っているのだろうが、われわれには興味がないことだ」とし、「米国には中国が敵ではなく、友人でありパートナーだと伝え続けている」と述べた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ