「東京五輪、無観客も検討を」 WHO報道官インタビュー

 【ロンドン=板東和正】世界保健機関(WHO)のマーガレット・ハリス報道官は30日までに産経新聞の電話取材に応じ、新型コロナウイルスの影響で1年後に延期された東京五輪・パラリンピックについて、国際オリンピック委員会(IOC)は無観客開催を含めた開催方法を検討する必要があるとの認識を示した。IOCのバッハ会長は今月15日の記者会見で観客を入れての大会開催を目指すと強調していたが、無観客も視野に入れた判断を迫られる可能性がある。

 IOCはWHOの助言を受けながら、東京五輪の準備を進めている。ハリス氏は「(開催方法の)判断はIOCが行う」とした上で「最終的に東京五輪は開催されると思うが、(通常とは)異なった方法で開催されるだろう」と予測した。

 ハリス氏は、米プロバスケットボールNBAやサッカーのイングランド・プレミアリーグなどの無観客による試合再開に触れ、IOCは無観客開催を含めた「全ての選択肢を検討すべきだ」と主張。「他のスポーツ大会が感染拡大を防ぐためにどう運営されているかを学び、その方法が(五輪に)適用できるかどうかを確認することが重要だ」と述べた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ