北が防衛白書を批判「安倍政権がミサイルの脅威を利用」

 【ソウル=桜井紀雄】北朝鮮外務省報道官は15日、日本政府が14日に公表した令和2年版防衛白書について「われわれの核保有に言い掛かりをつけた」と批判した。朝鮮中央通信が16日までに報じた。

 報道官は「安倍晋三政権がわれわれの『ミサイルの脅威』について騒いで日本社会に恐怖感を生じさせ、自らの政治・軍事的目的の実現に利用してきた」と指摘。「『脅威』を口実に軍事大国化を合法化しようとするところ」に狙いがあると主張した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ