正恩氏“代弁者”の豹変の裏には 南北対話で膨らんだ夢の後始末

 【ソウル=桜井紀雄】北朝鮮・開城の南北共同連絡事務所の爆破など、韓国への強硬措置を指揮する金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の妹、金与正(ヨジョン)党第1副部長は、2年前の訪韓時には文在寅(ムン・ジェイン)大統領を手放しでたたえていた。正恩氏の“メッセンジャー”の豹変(ひょうへん)ぶりは、国内で膨れ上がった経済好転への期待を政権への不満に転じさせないための苦肉の策の側面もありそうだ。

 「見え透いた計略がうかがえる不純な提案を許さない」。朝鮮中央通信によると、与正氏は、文氏による正恩氏への特使派遣の提案をこう断固拒否した。

 韓国の特使として白羽の矢が立ったのは、大統領府の鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長と情報機関、国家情報院の徐薫(ソ・フン)院長。2018年3月に平壌に送られ、同年4月の南北首脳会談や6月の初の米朝首脳会談につなげた面々だ。その機会を用意したのが同年2月の平昌五輪での訪韓で文氏に正恩氏の会談の意向を伝えた与正氏。同氏の拒否姿勢には、当時の再演は二度とない-との強い意思が浮かぶ。

 訪韓時、文氏と会った与正氏は「文大統領が統一の新たな章を開く主役になることを願う」と持ち上げた。妹から報告を聞いた正恩氏は18年に文氏と3度の会談に臨む。消息筋によると、北朝鮮内では、韓国との交易再開で経済が好転するとの期待が広がったという。9月に訪朝した文氏には平壌の競技場で15万人を前にした演説を許可した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ