韓国大統領、慰安婦団体の不正疑惑に初言及 「募金の透明性強化」「運動の大義守る」

 【ソウル=名村隆寛】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は8日、元慰安婦の支援団体「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯」(正義連)などでの寄付金の不正会計疑惑に初めて触れ、「寄付金や後援金の募金活動の透明性を根本的に強化していく」と述べた。

 大統領府での首席・補佐官会議で語ったもので、文氏は「慰安婦運動の大義をしっかり守らねばならない。大義を傷つけようとするのは正しくない」とも強調した。

 韓国では正義連の前理事長で国会議員の尹美香(ユン・ミヒャン)氏による寄付金の私的流用疑惑が社会的問題となっているが、尹氏と正義連は疑惑を全面否定している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ