「当選辞退すべき」7割超 不正会計疑惑の元慰安婦支援団体の前代表

 韓国の世論調査会社「リアルメーター」は27日、元従軍慰安婦の支援団体「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯」(正義連)の前代表で、4月の総選挙で当選した後に不正会計疑惑が浮上している尹美香氏(55)について、70・4%が当選を辞退すべきだと答えたとの調査結果を発表した。

 辞退は不要との回答は20・4%だった。尹氏の国会議員としての任期は今月30日から。元慰安婦の女性が今月上旬、正義連の集めた寄付金が被害者のために使われていないと告発した後、疑惑が次々と報じられている。

 27日付の韓国紙、中央日報は尹錫悦検事総長が検察幹部に対し迅速な捜査を指示したと報じた。検察は既に正義連の事務所などを捜索している。

 一方、正義連は27日、ソウルの日本大使館前で日本政府への抗議集会「水曜集会」を開催し、慰安婦問題を巡る公式謝罪や賠償を要求した。疑惑報道を続ける保守系紙の廃刊を求めるプラカードを掲げる人も目立った。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ