韓国が「鬼滅の刃」パクる!? タイトル&キャラがうり二つ…ゲーム配信終了も“盗作”は否定 識者「意図的にまねも絶対に認めない」

 週刊少年ジャンプ(集英社)の大人気漫画でアニメ化もされた『鬼滅の刃(きめつのやいば)』が、韓国で盗作騒動に巻き込まれている。韓国のモバイルゲームが、タイトルからキャラクターまでうり二つだったのだ。さすがに言い逃れできず、サービス終了となったが、なぜこのような作品が誕生してしまうのか。

 『鬼滅の刃』は大正時代が舞台で、家族を鬼に殺された主人公が、生き残ったものの鬼となった妹を人間に戻そうと旅に出るという物語。

 吾峠呼世晴(ごとうげ・こよはる)氏が2016年2月に少年ジャンプで連載を開始し、単行本はシリーズ累計4000万部を突破した超人気作で、アニメ化もされている。外出自粛でお世話になっている人も多いのではないか。

 一方、韓国のゲーム専門メディアに盗作の疑いを指摘されたアクションRPG(ロールプレーイングゲーム)のタイトルは『鬼殺の剣』とそのまんま。24日にグーグルプレイストアで配信されたが、家族を奪われた主人公がモンスターを探し、世界を救うというストーリーだ。さらに酷似しているのは作画で、額に傷がある主人公が和服姿だったり、刀を持つ様子までそっくりなのだ。「NO JAPAN」じゃなかったのか。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ